お役立ち情報

メールが届かない?! ~ メールアドレスはあっているのに・・・

前回は戻ってきたエラーメールを調べて、そこから原因を調べてみました。
その中でUser Unknownというメールアドレスが間違っているケースについて紹介しました。

今回は、メールアドレスは合っているのにもかからず届かないというケースについて説明します。

容量オーバー

最近はあまり多くないのですが、容量がオーバーしたためにメールを受け取ることができないというものです。
ここでいる容量には2種類あります。

メールボックスフル

エラーメールの内容を説明している箇所に「mailbox is full」という表記などがあります。

受取人側に割り当てられたメールボックスの容量が一杯になってしまったことで、新しいメールを受信できない状態になっています。
古いプロバイダーサービスや小規模なプロバイダーサービスのメールを利用している方は、割り当てサイズが思った以上に小さいことがあります。
また、受信している方が「メールをサーバーに残す」設定のままで使っているようなケースもあります。

対応方法・解決方法

この場合は、相手がメールボックスを整理して空き容量を確保してくれない限りは届けることができません。電話やSMSなどメール以外の方法で、その旨を知らせて対応してもらってから、再送信することになります。

(送信した)メールのサイズが大きい

エラーメールの内容説明の箇所に、
「 Message size exceeds fixed maximum message size 」のように記述されています。

これは送信したメールが一度に送ることのできるサイズを超えてしまっている場合に、受け取り側の制限に引っかかってしまいエラーになったことを意味しています。
例えば、サイズの大きな添付ファイルを送ったり、大容量の写真を複数添付したりすると、このようなことが起きます。

対応方法・解決方法

このケースでは、添付する画像やファイルを調整してサイズ制限に収まるようにして再送信すれば大丈夫です。
どれくらいのサイズ制限があるのかについては、エラーメールのメッセージの中に情報があります。上記の例だと、5000000 ≒ 5MBが上限です。

なお、一度に送ることができない場合は、分割して送信するという方法もあるのですが、それよりも良い方法があります。
ファイル共有サービスなどを利用して、送りたいファイルの共有情報(URLなど)を知らせる方法です。
このファイル共有サービスについては、また別の機会に説明します。

次回は、さらに別のエラーで最近増えて来ている、フィルタリングによってブロックされてしまうケースについて取り上げます。

関連記事

コメントは利用できません。